【ユーザーが参加したくなる】セミナー告知文章の書き方

セミナーを開催するにあたって、
必ず人を集客しなければなりません。

集客の方法は、色々ありますが、
集客方法よりも大事な事があります。

それは、セミナー開催を知らせる告知の
文章を書くという事です。

この告知文章が良いものでない限り、
人を集客する事は、非常に難しくなります。

そして、セミナーの告知文章を書きたいけれど、
どの様な文章を書けば良いか分からない。
この様な疑問を持つ人は、多いと思います。

そこで、今回は、セミナーの告知文章の書き方について解説します。

【タイトルについて】

サイトの記事を作成する時も、
セミナーの告知文を書く時も、
何かイベントを開催する時も、

1番大事なのは、タイトルです。
タイトルで成功の8割は決まります。

セミナーの告知文章を初めて見た人が、
一目で興味、関心を持つタイトルを書く必要があります。
なので、タイトルは1番力を入れて考えて下さい。

タイトルの決め方としては、3つあります。

【タイトル名でターゲットを絞る】

セミナーの告知を見た人が、
このセミナーは、自分に合っているセミナーなのか?
このことを初めに明確にさせましょう。

そうすることで、
「このセミナーは、自分の内容に合っている」と
初見からユーザーの興味を引く事が出来ます。

セミナーが、初心者向けなのか、新入社員向けなのか、
経営者向けなのか、

タイトルからターゲットを絞り、
ユーザーの興味を引いていきましょう。

【数字を入れる】

これは、過去にどの様な結果を残したか、
どの様な成果を上げたかを数字を使い、
具体的にするという事です。

例えば、「過去にセミナーで2千人が受講した」や
「月に100万円稼げた方法」など
具体的な数字を入れてタイトルを作って下さい。

数字の力は、非常に強いです。
人の目を引く力もあるし、信用にも繋がってきます。
なので、必ず数字は入れる様にしましょう。

【何が分かるのか明確にする】

これも非常に大事な要素の1つになります。

タイトルの時点で、詳しく説明する必要はありませんが、
セミナーの内容を一言で、

何を学べるのか?
何を身につける事ができるのか?
これらを中心に考えて要約して下さい。

それを入れる事で、告知を見たユーザーに
「これが知りたい」と思わせる事が出来ます。

そうすれば、ユーザーの興味、関心を引く事が出来て、
さらにユーザーの気持ちに共感する事が出来ます。

【先着人数と締め切り日を決める】

セミナーの募集は、先着人数と締め切り日を決める様にしましょう。

これらを決めずに募集を募っても、
ギリギリまで考えるユーザーが多く出てきてしまい、
最後まで人数が揃わなくなる事があります。

なので、それを防ぐ為にも、
先着人数と締切り日はしっかりと決めた上で、
募集を募るようにしていきましょう。

【受講しなければいけない理由を作る】

これは、ただセミナーの内容と受講を勧める文章だけでは、
告知の文章として足りないという事です。

多くのユーザーを集客したい人は、
受講しなければならない理由も書きましょう。

例えば、集客に悩んで事業が進まない人は、
このノウハウを知れば劇的に変わるなど、

このセミナーを受ければ、
何がどの様に変わるのか、身につくのか、

これらをしっかりと明確に示す事で、
ユーザーがこのセミナーは、自分の問題を解決する為、受けなければならない。

という心情になり、ユーザーの心を掴む事が出来ます。
そうすれば、多くのユーザーを集客する事が可能になります。

なので、ユーザーがセミナーを受けなければならない理由を
明確にして告知文を書いていきましょう。

【まとめ】

以上がセミナーの告知文章の書き方の解説になります。

ユーザーがセミナーで何を欲しているのか、
自分がユーザーならどんな告知文なら参加したいと思うのか、

これらを中心に考えつつ、
今回解説した告知文を書くテクニックを参考にして、文章を書いてみて下さい。

これからもビジネスについてや集客についてなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP