【誰に対して書くのか?】ターゲットを明確にする為のコピーライティングスキル

コピーライティングを行う上で、誰に対して文章を書くのか?

ターゲットを決めて、
文章を書く事は、非常に重要です。

しかし、ターゲットを決めて書く理由が分からない、
ターゲットの決め方が分からない、など
この様な疑問を持つ人も多いと思います。

そこで、今回は、コピーライティングを行う上で、
ターゲットを決めるメリットと
ターゲットの決め方について解説します。

【ターゲットを決めるメリット】

ここでは、コピーライティングを行う上で、
ターゲットを決めるメリットについて解説していきます。

ターゲットを決めるメリットを理解する事で、
文章の書き方を掴む事が可能となります。

【内容を明確に出来る】

文章を書いている時、「何か文章が書きにくい」と感じる事があると思います。
それは、自分が書く内容が明確になっていないからです。

例えば、コピーライティングについての記事を書こうとしても、
コピーライティングの何について書くのか。

これを把握していないと、
何を書くか分からないので、しっかりとした文章を
書く事が出来なくなってしまいます。

それを阻止するために必要なのがターゲットを決める事です。

先程のコピーライティングについての記事について解説します。

この場合、コピーライティングを書くユーザーが、
何で困っているかを調べます。

そうすると例えば、
ユーザーがタイトルを決めるのに困っているなら、

「タイトルを決める事が出来ないユーザー」と
ターゲットを決める事が出来ます。

そうすれば、タイトルについての記事を書けば良いので、
内容が明確になり、文章が書きやすくなります。

【ユーザーに共感してもらう】

ユーザーに記事を見せる時、
1番重要なのは、ユーザーに共感してもらう事です。

例えば、この記事は、「自分の悩みを解決してくれそう」や
「自分が知りたい内容だ」などです。

ターゲットを決めて文章を書く事で、
ターゲットのユーザーに共感してもらえるため、文章の信頼に繋がります。

ユーザーに文章を共感して信頼してもらう事で、
今後もアクセスしてくれる様になり、
濃いフォロワーを作る事が可能になります。

【ターゲットの決め方について】

ターゲットを決める為に必要な事は、
ユーザーが何で困っているのかを知るという事です。

ユーザーが困っていることを知ることで、
ターゲットを決める事が可能となります。
これからその方法について解説していきます。

それは、ユーザーがこれまで、
何について検索したかを知るという事です。

ユーザーは困った事があるから検索をします。
なので、検索内容さえ分かれば、
ユーザーの困っている事が分かります。

あとは、その内容を記事として、書く事で、
ターゲットを決めて文章を書く事が出来ます。
では、ユーザーの検索内容が分かる方法について解説します。

それは、ラッコキーワードというツールを活用するという方法です。

このツールに自分がコンテンツとして、
記事にしたい内容を入れて検索すると、

そのキーワードに対して、
過去にユーザーが何を検索したのかが分かります。
それが、ユーザーの困っている内容です。

なので、その内容について検索したユーザーを
ターゲットにして文章を書く事で、
ターゲットを決めて文章を書くという事が出来ます。

【まとめ】

以上がコピーライティングを行う上で、
ターゲットを決めるメリットとターゲットの決め方についての解説になります。

ターゲットを決めて文章を書く事で、
様々なメリットがあります。

今回解説した内容を参考にして、
コピーライティングを行なって下さい。

これからもビジネス、集客、コピーライティングなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP