【成功の8割を決定させる】キャッチコピーの書き方

記事においてユーザーがまず見るのは、
キャッチコピー(タイトル)です。

キャッチコピーの目的は、ユーザーに記事へ興味を持たせて、
そのまま本文を読ませるという事です。
なので、キャッチコピーは、非常に大事なものです。

しかし、そんな事は分かってはいるけどどんな事を書けば良いか分からない。
ユーザーの目を留めるキャッチコピーの書き方とか分からない。

この様な疑問、悩みを持つ人は、非常に多いと思います。
今回は、キャッチコピーの疑問、悩みを解決する為に
キャッチコピーの書き方を解説します。

キャッチコピーの役割

キャッチコピーは、ユーザーが最初に見るものです。
その為、キャッチコピーで興味を持たせたり、読みたいと
思わせる事が出来ないとユーザーは、記事を読んでくれません。

キャッチコピーに関してよく言われる事があります。
それは、「キャッチコピーで成功の8割が決まる」という言葉です。

有名なコピーライターの中には、キャッチコピーを作るのに何日も費やす人もいます。
よく読まれる記事を書く人ほど、キャッチコピーにかなり力を入れています。

キャッチコピーの書き方

先程も書きましたが、キャッチコピーの役割は、
ユーザーに記事に興味を持たせたり、読みたいと思わせる事です。

その為には、他のサイトの記事と違う形のキャッチコピーを作る必要があります。
そうすれば、目立つし、ユーザーの目にも留まります。
そのキャッチコピーの書き方を解説します。

それは、キャッチコピーを疑問形にする事です。

疑問形というのは、ユーザーが抱えている疑問、悩みを
そのままキャッチコピーにする事です。

「ワーキングホリデー資格」というキーワードで例を出します。

このキーワードで検索するユーザーは、
ワーホリで資格が取得出来るのか、などの疑問を持っています。

その場合は、「ワーキングホリデーで資格を取得出来ますか?」
というキャッチコピーにします。

ユーザーがこのキャッチコピーを見た時、
当然「自分と同じ疑問だ」となります。

そうすると自然とユーザーに記事に対して興味を持たせる事が出来ます。

他には、記事を読んだ場合のユーザーの利益をキャッチコピーにしたものがあります。

例えば、「ユーザーが読みたくなるコピーライティングのコツ」
というキャッチコピーです。

この記事は、ユーザーが読みたくなる記事を書く為のノウハウを
書いた記事になります。

この様にこの記事を読んだらこんな利益があるというのを
キャッチコピーにする方法もあります。

そうする事で、ユーザーに何が得られるかを明確にする事が出来るので、
キャッチコピーだけで、記事の内容を伝える事が出来ます。

以上がキャッチコピーの書き方になります。
キャッチコピーは、コピーライティングの中でも
非常に大事なノウハウの1つです。

自分の身の回りにあるキャッチコピーも参考にして
ユーザーの目に留まるものを作っていきましょう。

これからもビジネス、集客、コピーライティングなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP