【ユーザーの心を動かす】コピーライティングの書き方

コピーライティングを行う上で、
文章の書き方を身に付けることは非常に重要です。

コピーライティングの書き方が分からないと、

どう書けばユーザーに興味を持ってもらえるのか?
どうすればユーザーの心を動かす文章を書けるのか?

この様に書き方を身に付ける事が出来ていないと
良い文章を書く事が出来ません。

そこで今回は、コピーライティングを行う上で重要な
文章の書き方について解説していきます。

ユーザーが共感出来る文章を書く

文章を書く上で1番大事なのが、
ユーザーが共感出来る文章を書く事です。

共感出来る文章を書く事で、
ユーザーが記事に対して興味を持ってくれるし、
共感出来る文章なら続きを読んでくれる様になります。

では、例を出して共感出来る文章の書き方を解説します。

例えば、ワーキングホリデー期間中に一時帰国ができるのか?
という文章について解説します。

この場合だとユーザーは一時帰国についての
疑問を解決するために検索しています。

この時ユーザーが共感出来る文章を書くには、
ユーザー自身が思っている事をそのまま文章にするという事です。

そうするとこの場合の共感出来る文章は、

ワーホリは、期間中渡航国にずっといないといけないのか?
途中で帰国していいのか?
このような疑問を持つ人は多いと思います。

この様な文章になります。

ユーザーが検索する時に考えている事を
そのまま文章にする事で、

ユーザーは、「自分と同じ疑問だ」となるので、共感する事が出来ます。
そうすれば、続きの文章も読んでくれるようになります。

自分の意見と反対の意見を書く

この書き方は、自分の意見をユーザーに伝えたい時に
有効な書き方になります。

例えば、起業を勧める文章を書く時で説明します。

まず起業を進める時は、起業をする事により
得られる利益などを説明します。

しかし、自分が勧めたいものの利益だけ説明しても
ユーザーは、いまいち心を動かしません。

そこで、活用できるのが自分の意見と反対の意見を書く事です。

起業の場合だと起業をしない事の不利益や
起業ではなく就職を選んでしまう人との違いについてなどです。

他にも商品を勧めたい時は、自分の商品の説明だけでなく、
従来の商品と何が違うのか?何が良いのか?を
しっかりと説明する事で印象が変わってきます。

自分が勧めたいものを伝えたい時は、
必ず反対の意見や他との違いを説明しましょう。
そうすれば自分の伝えたい事がより印象強くなります。

その結果ユーザーは、
書き手の伝えたい事、想いを強く受け取る事が出来て
ユーザーの心を動かす文章を書く事が出来ます。

以上がコピーライティングの書き方の解説です。

コピーライティングで1番重要なのは、
ユーザーを感動させるという事です。

ユーザーを感動させる事が出来れば、
自分が勧めたいものをユーザーに受け取ってもらえるし、

今後もユーザーが書き手のフォロワーとして、
記事を読んでくれる様になります。

なので、今回解説したコピーライティングの書き方を参考にして、
ユーザーの心を動かす文章を書いてみて下さい。

これからもビジネス、集客、コピーライティングなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP