【読まれる文章を書くための】ストーリーテリングの書き方

何か商品、サービスをユーザーに提供したい時、
自分が新しく始めた事業を広めたい時、

これらを行う時、ユーザーにより興味を持ってもらったり、
それについて関心を持ってもらいたい時に
コピーライティングのスキルが重要になってきます。

コピーライティングのスキルがあれば、
ユーザーに自分が伝えたい事をより鮮明に伝える事が出来ます。

しかし、いざ文章を書こうとすると
どうしたらユーザーに伝わりやすく書けるか?
どうしたらユーザーに関心を持ってもらえるか?
など色々悩んでしまうと思います。

そんな時に使えるコピーライティングのスキルが
ストーリーテリングを使った書き方です。

ストーリーテリングの書き方をマスター出来れば、
ユーザーの心を動かす、感動させる文章を書けます。
なので、今回は、ストーリーテリングの書き方について解説していきます。

ストーリーテリングを書くとは?

まずストーリーテリングを書くとは何か?から解説します。

ストーリーテリングを書くとは、
物語、バックストーリーを書くという事です。

つまり、自分が売りたい商品、サービスや
広めたい事業のバックストーリーを書くという事です。

どのようなきっかけで出来たのか?
なぜそれを作ったのか?
それを今後どうしたいのか?など

商品、サービス、事業に関するバックストーリーを書く事で、
ユーザーにより詳しくそれらについて知ってもらう事で、
興味、関心を持ってもらうという事です。

しかし、ただバックストーリーを書いても
ユーザーは、感動しないし、興味も関心も持ちません。

なので、これからユーザーを感動させる
ストーリーテリングの書き方を解説していきます。

ストーリーテリングの書き方

これからストーリーテリングの書き方について解説します。

ストーリーテリングには、書く順番があります。
この順番を守って書く事が出来ればユーザーを感動させる
ストーリーテリングを書く事が出来ます。

その書き方の順番がこれです。

1、商品・サービス・事業提供のきっかけ

2、最初の挫折

3、挫折の中でのちょっとした成功体験

4、成功したと思った中での、諦めようと思ったほどの挫折

5、それの挫折を乗り越えての成功体験

6、現在の想い、考えとこれからどうしていくのか

以上の6つがストーリーテリングを書く上での順番になります。

どんなきっかけで始めたか、どんな挫折や成功があったかなど
それぞれの項目ごとに箇条書きでまとめてみて下さい。

そして、それらを繋げて一つの物語を作って下さい。
注意点は、書くときは、必ず順番を守るという事です。

これを気をつけて書く事が出来れば、
ユーザーが感動する文を書く事が出来ます。

以上がストーリーテリングの書き方の解説です。

商品、サービス、事業などの説明に
ストーリーテリングを書く事で、ユーザーの目を引く事ができ、
他との違いを出す事が出来ます。

また、ストーリーでユーザーを感動させる事が出来れば、
ユーザーから興味、関心を持ってもらえる上に
応援されることもあります。

そうすれば、商品、サービス、事業などに対しての
フォロワーを作る事が出来るし、何かしらで助けてくれる事もあります。

そういう意味でもストーリーテリングを書くスキルは、
非常に重要なものになります。

今回解説した書き方を元にして、
ユーザーを感動させるストーリーテリングを書いてみて下さい。

これからもビジネス、集客、コピーライティングなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP