【買わずにはいられなくなる】オファーを書くためのコピーライティングスキル

オファーとは、売り手と買い手が
商品、サービスを販売、購入する際の取引のことです。

例えば、この商品を買った人には、このサービスもつけます。とか
この商品は、分割払いが可能で、送料無料。などです。

この様に、売り手が商品、サービスを売る時に示す取引の条件のことです。

商品、サービスをユーザーに売る際、
コピーライティングのスキルと同じくらい大事なのが、
オファーを書くスキルです。

オファーを買う際にどうしたらユーザーは、商品、サービスを買ってくれるのか?
どんな書き方をすれば良いのか?

オファーの書き方について、
この様に疑問を持つ人は多いと思います。

そこで、今回は、ユーザーが商品、サービスを購入してくれる様になる
オファーの書き方を解説します。

オファーを出す際に気を付ける事

オファーとは、先程説明した通り、売り手と書い手が
商品、サービスを販売、購入する際の取引のことです。

オファーは、売り手が出すものなので、
売り手が出すオファーが強ければ強い程、有利なもの程、
買い手が購入する確率は、高くなります。

しかし、オファーを出す際に気を付ける事があります。
それは、強すぎるオファーは、買い手に怪しまれる事です。

いくらオファーが強くても
買い手に怪しまれると売る事が出来ません。

怪しまれない様にするには、
売り手と買い手の間に信頼性が必要になります。

この信頼性があれば買い手に怪しまれる事もない為、
多少オファーが強すぎても大丈夫です。

なので、強いオファーを出す時は、
相応の信頼性が必要という事を頭に入れておいて下さい。

しかし、一般的に、オファーを強くすれば、
自然と買い手の反応率は上がります。

オファーとコピーライティングの関係性について

オファーとコピーライティングは、非常に重要な関係です。

コピーライティングを行っている人の中には、
上手なセールスコピーを書けば売れると思っている人が多いと思います。

しかし、いくら上手なセールスコピーを書いても
オファーが下手なら売れません。
重要なのは、上手なオファーが書けるかどうかです。

つまり、下手なセールスコピーを書いていても、
上手なオファーを書く事が出来ればカバー出来ます。
逆にセールスコピーが上手でもオファーが下手ならば、台無しという事です。

なので、この関係性を活用するためそれぞれ説明します。

まずは、セールスコピーからです。

セールスコピーの役割は、
買い手にこの商品、サービスを買うという決断を促し、
その気持ちを保たせながらオファーを読む様に誘導するという事です。

なので、セールスコピーは買い手がオファーを
読む様に誘導する書き方にして下さい。

その書き方としては、商品、サービスに買い手が共感出来るようにする事や、
買い手がなぜその商品を買わなければいけないのか?
これらを明確に書く様にすれば買い手を誘導する事が出来ます。

セールスコピーで上手く買い手を誘導する事が出来れば、
後は、オファー次第です。

オファーで大事なのは、同じ様な商品、サービスを売っている
個人、会社のオファーのリサーチです。

こちらがいくら強いオファーを出しても
他がもっと強いオファーを出していたら買い手が他から購入してしまうので、
意味が無くなってしまします。

なので、オファーを出す前は、必ず他の売り手をリサーチしてから
オファーを出す様にしてください。

オファーの書き方

オファーを書く上で、大事な点が2つあります。

1つ目は、相手が驚く様なオファーを提案出来るか。という事です。
買い手の想像を超えてオファーを出す事で、
売り手の印象を深めて、信用させる事が重要です。

2つ目は、自分のビジネスにあったオファーを書く事です。
オファーには、たくさんの種類があります。

その中から自分のビジネスのあったオファーを選び、
応用できるかが大事な点になってきます。

ここでは、オファーのいくつかのパターンを紹介しながら
書き方を説明していきます。

デットラインを定めたオファー

例えば、「この商品は、何月まで購入出来ます。」や
「このサービスは、先着500名まで」とか

期限を定めたり、先着順で商品を売るという事です。

この様に期限、制限を決めてオファーを出すことにより、
買い手は、「今すぐ買わなければ」や
「早く買わないと売り切れる」などの心理状況になります。

そうすれば、買い手が自然と商品、サービスを買います。
また、買い手の行動を読む事ができるため、
売り手としては、販売しやすい方法です。

ランク付けのオファー

例えば、A席は5万円、B席は3万円、C席は1万円。や

通常の費用は、1万円ですが、
S席は、限定10人までで、費用は、5万円です。など

この様に商品、サービスにランクを付けて、
販売する事で、それぞれのランクでの売り上げが上がります。

また、A席などの値段が高いものを提示する事で、
本来では高いはずのC席を安く見せる事が出来ます。

保証をつけるオファー

例えば、「もし、不満があれば全額返金できます。」
などの保証をつけるというものです。

商品に保証をつけたオファーを出す事で、
買い手は、安心して商品、サービスを購入できるため、有効な手段です。

また、保証をつける事で、買い手の信用も獲得出来るため、
その点においても有効な手段になります。

以上がオファーの書き方の解説です。
買い手が思わず買ってしまう様なオファーを作るため、
日頃から他のオファーを確認してより良いオファーを作っていきましょう。

これからもビジネス、集客、コピーライティングなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP