【アフィリエイトを成功させる】コピーライティングノウハウ

サイトを運営している人の中で、
アフィリエイトを利用して広告収入を稼ぐ人は多いです。

でも、なかなか広告収入が上がらない。
すでに収入がある人でも今より稼ぎたい人は多いと思います。

そこで今回は、アフィリエイト広告で収入を
稼ぐ為のノウハウを解説します。

コピーライティングを身に付ける理由

サイトの広告で収入を稼ぐ仕組みとしては、
ユーザーがサイトの記事を見て広告まで誘導する事です。

Googleアドセンスの場合は、クリックされればokです。
しかし、アフィリエイトの大半が申し込みや購入まで
ユーザーを誘導しないと収入がありません。

では、その為にはどうすれば良いのか?

それは、コピーライティングのスキルを身に付ける事です。
何も意識せず記事を書いてもユーザーは広告をクリックしません。

ユーザーに広告を押してもらいたいなら、
ユーザーの心を動かす記事を書く必要があります。

そうする事でその記事を読んだ人が、
広告の商品を購入したい、サービスを受けたいという心情になります。

サイトで広告収入を稼ぎたい人は、心を動かす記事を書く必要があります。

なので、これからその様な記事を作る為の
コピーライティングのノウハウについてを解説します。

コピーライティングノウハウについて

ここでは、コピーライティングの書き方や
広告の貼り方について解説します。

文章を書く前の準備

記事で文章を書くことにおいてまず重要なのが、
書く前に準備をすることです。

準備をせずに文章を書くと繋がりが無くなり、
何を伝えたいのかが上手く伝わりません。
なので、文章を書く前には必ず準備をしましょう。

準備する事はいくつかあります。

1つ目は、文章の構成を考える事です。
初めに何を書くか、説明の順序はどうするか、文章の終わりはどうするか、
それらを明確にして文章を書きましょう。

2つ目は、ユーザーが求めている情報を探す事です。
自分が書きたいだけの内容ばかりのサイトを作っても
ユーザーが求める情報でないと検索されません。

ある程度知名度があるサイトだとそういう記事を書いても良いですが、
アクセスが少ないうちは、その様な記事は書かない方が良いでしょう。

では、どの様にしてユーザーが求める情報を入手するのか?

それは、関連キーワード取得ツールを使う事です。
このツールを使うことでユーザーの求める情報を入手出来ます。

文章を書くテクニック

1つ目は、文章の初めはユーザーに共感するということです。
共感は、ユーザー側に立って考える事が大事です。

例えばワーキングホリデーで英語力は向上するのか?
という記事を書く場合の文章の初めはこの様になります。

ワーホリに行く多くの人が英語力を向上させたいと
思うと思います。

しかし、本当にワーホリに行けば英語力が上がるの?
と心配してしまう人もいますよね。

この様に相手がどの様な考えを持って来ているかを
考えて書きましょう。

記事の初めで相手が自分もこれが気になっていた、
これが良いと思わせる事が出来ると、
記事へのアクセスも増えその記事を読んでくれます。

2つ目は、広告はテキストで貼るという事です。
広告を貼る場合クリックしてもらう為に
文章を充実させると思います。

しかし、いくら分が良くても広告をバナーで貼ってしまうと
あからさま過ぎてクリックを押す人は減ります。

でも、テキストで貼る事で文章の中に収まるので、
違和感無く広告を貼る事が出来ます。

例えばオススメの参考書を広告で貼る場合です。

ここでは、中学、高校の内容の中で
英会話に必要な英文法を学べる参考書を紹介します。
これを読めば文法に関しては完璧です。

それが一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)です。

この様に文章の中にテキストとして広告を入れる事で、
広告と主張する事も無く、ユーザーも迷わずその文章の広告を確認出来ます。

以上がアフィリエイト広告の際のコピーライティングの書き方です。
自分勝手な記事を作るのでは無く、ユーザーメインで考えて
記事を作って下さい。

これからもビジネス、集客、コピーライティングなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP