オープニングでユーザーを引き込むコピーライティング

文章の書き初め(オープニング)は、
コピーライティングでも重要な部分です。
そして、ユーザーがタイトルの次に見る部分になります。

その為、オープニングでユーザーに記事に対して興味を持ってもらう必要があります。
なので、「オープニングをなんて書こうか?」と悩む事も多いですよね。

今回は、オープニングを書く際の悩みを解消する為に
ユーザーが記事を読みたくなるオープニングの書き方を解説します。

オープニングの役割

オープニングの役割は、タイトルで記事に興味を持ってくれた
ユーザーをオープニングでさらに記事に興味を持ってもらう役割があります。

この形が出来るとユーザーを完全に記事に引き込めたことになります。

オープニングで大切な事

オープニングで大切な事は、ユーザーに共感してもらう事です。
ユーザーは共感する事が出来ない記事は、読みません。
なので、いかに共感させるかが勝負です。

また、ユーザーからの共感が早ければ早いほど、記事からの離脱が減ります。

その為には、ユーザーが共感出来る文章を
なるべく文頭に持ってくる必要があります。

そして、オープニングを書いたら、
共感出来る部分があるかしっかり確認して下さい。

ここまでで、オープニングの役割、大切な事は、理解出来たと思います。
ここからは、オープニングの書き方について解説します。

オープニングの書き方

まず大事なのは、ユーザーが共感出来る文章を書く事です。
その文章を書く方法は、ユーザーが思っていると考えられる
疑問、悩みを考えて、そのまま書く事です。

例を出して解説します。
例の文章は、ワーキングホリデーの年齢制限についての記事です。

ワーキングホリデーは何歳から行けるの?

何歳まで行けるの?

年齢制限を超えたら行けない?

このように年齢制限に疑問を持つ方も多いと思います。
なので、今回はワーホリの年齢制限について解説していきます。

まず初めに、「〜?」の形の文章をいくつか作ります。
この文章がユーザーに共感させる為のものです。

ユーザーがどんな疑問、悩みを抱えて記事を読むのか
という事を考えて、そのまま書いてください。

この部分で、ユーザーに
「これが知りたかった」「自分と同じ疑問だ」と
共感してもらい記事にさらに興味を持ってもらいます。

そして、記事を書く側も「〜と思います」と書いて、
ユーザーの疑問、悩みに共感して下さい。

そうする事でユーザーは、この記事なら疑問、悩みを
解決してくれるとなり、今後も記事を読んでくれる様になります。

以上が記事のオープニングの書き方です。
ユーザーが記事を読むか読まないかはオープニングにかかっています。
ユーザーが共感出来るオープニングを作っていきましょう。

これからもビジネス、集客、コピーライティングなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP