【ユーザーが読みたくなる】コピーライティングのコツ

コピーライティングを行う上で
書き方がよく分からない、どう書けばユーザーに
読んでもらえるのか?

この様な疑問を持つ人は多いと思います。
今回は、ユーザーの反応率を上げるコピーライティングの
コツを解説します。

ユーザーが共感出来る文章を書く

記事のタイトル、文章の初めは、
ユーザーが共感出来る内容にしましょう。

例えばワーキングホリデーで英語力は向上しますか?
という記事を書く場合で説明をします。

まずタイトルは、なるべく疑問形にしましょう。
ユーザーは、疑問、悩みを解決する為に検索しています。

ユーザーが知りたい内容を疑問形で書く事で、
「これが知りたかった」「自分と同じ疑問だ」となります。

そうする事でユーザーはその記事に興味を持ち読んでくれます。

次に文章の書き初めについてです。
初めの文章を見てユーザーはその記事を見るか決めます。
なので、文章の書き初めは重要になります。

文章の初めは、2つの作業が出来れば完璧です。

1つ目は、問題提起、共感です。

ワーキングホリデーで英語力は向上しますか?の記事の場合は、

ワーホリに行く多くの人が英語力を向上させたいと思うと思います。
しかし、本当にワーホリに行けば英語力が上がるの?
と心配してしまう人もいますよね。

この様にユーザーが抱える疑問、悩みを書く事で、
ユーザーに共感する事が出来るので、
ユーザーの興味を引く事が出来ます。

2つ目は、この記事では何が得られるのかを明確にすることです。

ワーキングホリデーで英語力は向上しますか?の記事の場合は、
先程の文章の続きに、

今回は、そんな心配をなくす為に、
ワーホリに行ったら英語力が確実に向上する方法を紹介します。

この様にこの記事では何が得られるかを明確にする事で、
記事がどの様な内容なのかを理解する事が出来ます。

誰が見ても理解出来る文章を書く

色んな記事の中では、専門用語を使いながら説明している記事があります。
しかし、記事を見ている人は、ほとんどがその内容に関しては素人です。
それなのに文章中に専門用語がいくつも出できたら理解できません。

そして、その記事は理解出来ないと判断されて、
記事を読むユーザーはいなくなります。

それを阻止する為にもユーザーがいかに理解出来るかを考えて、
誰が見ても理解出来る記事を書きましょう。

具体的な数字を記載する

記事中で数字が使える場合は必ず使いましょう。
数字は、説得力が非常にあります。

例えば、「利用者〜万人」など具体的な数字を出す事で、
説得力もあり信用にも繋がってくるので必ず使いましょう。

目次を作る

目次を作る効果は2つあります。

1つ目は、見ただけですぐに記事に何が書かれているか理解出来る。

2つ目は、ユーザーが知りたい内容を選べるから

これらの理由があるので目次は必ずつけましょう。

一対一で話すように文章を書く

例えば「皆さんが考えるように」と
「あなたが考えるように」では、ユーザーの受け取り方が違います。

ユーザーに自分に話していると思わせる事で、
記事を集中して見てくれます。

そして、記事が良いとユーザーが思えば、
広告にも興味を示す為広告収入にも繋がります。


以上がユーザーの反応率を上げるコピーライティングの書き方です。
記事を書く時は、自分目線ではなく、
常にユーザー目線になって記事を書くようにしましょう。

これからもビジネス、集客、コピーライティングなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP