【文章が上手くなる】コピーライティングの型

文章を書こうとした時、
どうやって書き始めるか、文章の構成はどうするかなど
迷ってしまう、分からないという人は多いと思います。

その様な人は、まず型に当てはめて文章を作る事をオススメします。
初めは、型に習って慣れていき、そしてオリジナルの自分の型を作る。

この方法が、文章を書く能力を上達させる方法です。

なので、今回は文章を上達させる為のコピーライティングの型について解説します。

コピーライティングの型について

まず文章の型の構造を説明して、それぞれの箇所を説明します。

タイトル

記事の内容

小見出し、説明

まとめ(自分の考え)

これが、コピーライティングの型です。
次にそれぞれの項目ごとに解説していきます。

タイトルについて

タイトルは、ユーザーが記事を見る時に初めに見るものです。
なので、タイトルでユーザーに「この記事読みたい」と思わせる必要があります。

その為には、タイトル作成には相応の工夫が必要です。
その工夫は、これから解説する2つを行えば大丈夫です。
この2つも最初は、型として慣れましょう。

タイトル作成で重要なのが、検索にかかるキーワードを使う事です。

自分で何も調べずタイトルを作成しても、
ユーザーがそのキーワードを検索しなければ意味がありません。

つまりタイトルは、ユーザーに検索されやすいキーワードを
選んで作成するという事です。

そのキーワードを探すツールが
関連キーワード取得ツールです。

このツールの使い方を説明します。

検索キーワード画面

まず、自分が記事にしたい内容を検索します。

検索キーワード表示画面

そうするとその内容に関して過去にユーザーが検索した
検索キーワードが出できます。

あとは、そのキーワードから自分が記事にしたい内容を選び記事にします。

タイトルに使うキーワードは、関連キーワード取得ツールで検索した
青文字から選んで下さい。

その文字がユーザーの検索が多いので、
検索された時に上位表示が出来るようになります。

記事の内容

これは、タイトルのすぐ下の文章の部分です。

ここで、ユーザーに「この記事役に立ちそう」
「この記事おもしろそう」と思わせる必要があります。
なので、ユーザーにそう思わせる方法を教えます。

それは、問題提起、共感を書く事です。

例を出して説明します。
この例は、ワーキングホリデーで使うクレジットカードについての記事の一部です。

ワーホリでの生活でクレジットカードが必要って聞いたけど
何のカードを作れば良いか分からない。
そもそもクレジットカードを作る理由が分からない。

初めての海外生活を経験する人などには、
このような疑問は多いと思います。

まずユーザーがどのような疑問、悩みで検索したのかを考えます。
問題提起、共感の文章を書きます。

ユーザーの悩み、疑問を話し言葉風に書き出します。
そして、「〜と思います。」という文章を書く事で、
ユーザーの悩みに共感する事が出来ます。

そうするとユーザーに記事に対して、
「これが知りたかった」「自分と同じ疑問だ」と

思わせる事が出来るとユーザーに
この記事良いと思わせる事が出来ます。

また、この文章の続きに
この記事では、何が得られるか。何を説明するのか。
説明する必要があります。

例を出します。

今回は、ワーホリにはなぜクレジットカードが必要なのか、
何のクレジットカードを作れば良いのかを解説します。

この文章を入れる事で、この記事が何についての記事か一目で分かります。

そうするとユーザーも迷わず読むことが出来ます。

小見出し、説明

ここが記事の中身になってきます。
小見出し、説明は1つの記事にいくつあっても大丈夫です。

ここでは、とにかく詳しく書く事を意識しましょう。
他のサイトと違いを出す為にもより詳しく書きましょう。

文章中で気をつけることは大きく2つあります。

1つは、話し言葉で書くことです。

「〜だ」「〜である」みたいに書くと
詳しそうな文章ぽく見えますが、
読んでいて面白くありませんし、退屈な感じになります。

それよりも、「〜です」「〜ます」の形や
「〜ですよね」など話し言葉で書くことで、

ユーザーは、話しかけられている感覚になり、
自然と文章を集中して読むようになります。

2つ目は、文章の行間です。

色んな記事の中には、行を変えずに
文章を書いている記事もあります。

しかし、そんな文章だと疲れるし、
そもそも読みにくいと思います。

ここで、オススメする文章の書き方を紹介します。

それは、文章のまとまりを作るという書き方です。

例を出します。

ホームページパソコン画面


このように文章を分けて書きます。

1つのまとまりは最高でも3行までにします。
また、1行の文字数も30文字前後に抑えて書きます。
改行は点や丸で区切ると良いです。

そうする事で、文章が非常に見やすくなります。
これで、ユーザーが文章を読み疲れるということも
ほとんど無くす事が出来ます。

ホームページスマホ表示画面

これは、先程の文章のスマホ版です。

スマホで表示される場合、
文字数の影響で4〜5行になる事も多々あります。

その場合でも改行して、文章のまとまりが出来ていれば大丈夫です。

まとめ(自分の考え)

ここでは、まず文章のまとめを書くか、
自分の考えがある場合は、それを書きましょう。

僕の場合は、軽くまとめを書いたあと
ビジネスサーチ留学について説明します。

これは、ビジネスサーチ留学を定着させ、
その考えを広めていくためです。

この様に自分の考え、広めたい事があれば、
必ず書いていき、ユーザーが見れる様にしていきましょう。

以上がコピーライティングの型についての解説です。
型を学んで、その上で、自分だけのオリジナルを作っていって下さい。

これからもビジネス、集客、コピーライティングなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP