【買い手の心を動かす】コピーライティング心理学

買い手の心を動かすような記事を書こうとした時
実際に書き始めると、どう書けばユーザーが商品、サービスを
買ってくれるんだろう?と考えると思います。

そして、その疑問を解決出来ずなかなか書き出せずにいる人が多いと思います。

その疑問解決のためには、ターゲットであるユーザーが
どのような心理なのかを理解する必要があります。

なので今回は、ユーザーの行動心理について解説します。

必要なものではなく欲しいものを売る

人は、必要なものより欲しいものにお金を使います。

腕時計で例えて説明します。
どこにでも売ってある普通の腕時計と高級腕時計があったとします。
もし、どちらか1つ買うとしたらどちらを買いますか?

多くの人は、高級腕時計を選ぶと思います。
理由は、普通の腕時計よりもカッコいいし、価値が高いから、
そもそも高級腕時計の方が欲しいからだと思います。

欲しいと思う人がたくさんいて、価値が高くなるから
同じ腕時計でも値段が違ってきます。

腕時計が必要な場合、普通の腕時計でも問題ありません。
しかし、高級腕時計を買いたくなってしまう。

それは、必要なものより欲しいものが買いたいからです。
この様に欲しいものの方が買いたい人が多いです。

なので、コピーライティングでは、ユーザーに
売りたいものをいかに欲しいと思わせるかが大事です。

商品、サービスを進める際に必要なもの

自分の商品、サービスを売りたい時色々と試行錯誤すると思います。
その解決策として1番良いのが、「証拠」です。

その商品、サービスを得ると、どうなるのかという
証拠があればユーザーは、安心して商品、サービスを得ようとします。

つまり、商品、サービスがユーザーの欲しいものだと説明して、
その証拠を見せれば良いという事です。

ユーザーからの信頼を得る

商品を売る、サービスを提供する際に
1番重要なのがユーザーからの信頼です。

何かを売る時多くの売り手が信頼性を考えず売ろうとしています。
全く信頼がない人から「お金を払って買ってくれ」と言われてもほとんどの人が買わないと思います。

この事から、ユーザーから信頼を得るのは大事な事です。

なので、ユーザーから信頼を得るためには、
先程書いた様に誰もが納得出来る様な証拠を出したり、
実績がある人はプロフィールとして書いたり、

売りたい商品、サービスの情報をどこよりも詳しく書く事が必要です。

信頼性が高いとその分売る力も高くなります。

ユーザーが買うべき理由を説明する

ユーザーが商品買う、サービスを受ける際、
売り手は、ユーザーが商品、サービスを得る事を正当化させなければなりません。

同じ様な商品、サービスがたくさんある中で、
ユーザーにこの人からこの商品、サービスを買うと正当化させる事で
コピーライティングは、成功した事になります。

正当化させる為には、方法があります。

それは、なぜこの商品、サービスを買わなくてはならないのか?です。

世の中には、似たような商品、サービスはたくさんあります。
その中で、他の商品、サービスよりもより詳しく説明し、
それを買えばこうなるという証拠を出す。

そして、ユーザーに「あなたが買わなければならない」と
思わせる事でユーザーは自分に向けられたものと認識します。
それが出来ると成功です。

以上がユーザーの行動心理についての解説です。
コピーライティングを書く時は、ユーザーがどの様な心理で
ものを買うのかをしっかり考えて書いて下さい。

これからもビジネス、集客、コピーライティングなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP