【ローソンから学ぶ】SNS戦略を活用したユーザー集客術

今の時代、SNSを活用してユーザーを集客する、
SNS戦略は、当たり前のものになっています。

個人事業でも大手企業でも最近では、
SNSを使っていない所はありません。

なので、SNSで少しでも多くのユーザーを
集客しようという人は、非常に多いと思います。

しかし、いまいちSNSを使いこなせていない。
もっと集客出来るはずなのに出来ない。など・・・
疑問、悩みがあると思います。

そこで今回は、他企業が使っていない海外のSNSや
日本国内のほぼ全てのSNSを活用している
ローソンからSNS戦略について学びます。

【ローソンのSNS戦略】

ローソンは、国内で主に利用されているSNSを
ほぼ全て活用しています。

インスタグラムやツイッターやフェイスブックなど、
主要なSNSからマイナーなSNSまで、
広い年齢層をユーザーとして集客しています。

この事から見てもローソンは、
非常にSNS戦略を重要視している事がわかります。

そこで今回は、誰でも無料で簡単に始められ、
かつ、多くのユーザーを獲得しやすいSNSに絞って解説します。

【ツイッターでのSNS戦略】

ローソンのツイッターでの基本的な投稿内容は、
商品紹介やローソンが新たに行う取り組みの紹介です。

またローソンは、独自でハッシュタグを作成し、
ハッシュタグを使ったイベントなども行なっています。

例えば、指定のハッシュタグを使って投稿すれば、
抽選で、グッズが当たるというイベントです。

このようにSNS上でハッシュタグなどを
使用したイベントをすることで、

SNS上のユーザーの中で話題となり、
普段ローソンを使わない人も、そのイベントをきっかけに、
興味、関心を持ってくれるようになります。

そうする事で、ローソンの知名度も上がり、
ユーザーも獲得出来るという事です。

【インスタグラムでのSNS戦略】

インスタグラムでは、ツイッターに比べると
写真や映像がメインの投稿になるSNSになります。

なので、インスタ映えして話題になるような
商品を主に投稿しています。

またローソンは、ツイッターと同様に
ハッシュタグでのイベントを行なっています。

先程も書いたようにそのようなイベントをする事で、
知名度も上がり、ユーザーを引きつける効果があります。

その上ローソンは、イベントによっては、
フォロワー数を稼ぐこともしています。

例えば、イベントの参加条件として、
指定のハッシュタグを使用するとともに、
フォローもするという条件をつけるというものです。

そうする事で、イベントに参加するユーザーは、
自動的に全てローソンをフォローする事になる為、
フォロワーを増やす事になります。

以上がローソンのSNS戦略になります。
ローソンはこの他にも様々なSNSを活用して、
ユーザーを集客しています。

しかし、いきなりたくさんのSNSに手を出しすぎると、
一つ一つのSNSがおろそかになってしまうので、
まずは、ツイッターとインスタグラムでユーザーを集客しましょう。

これからもビジネスについてや集客についてなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

  • 関連記事
  • おすすめ記事
PAGE TOP