【ビジネスサーチ留学inスウェーデン】2021/7/29(木)DAY87

今日は、スウェーデン生活87日目です。
今日は、今回は僕が起業した会社形態と雇用について話します。

僕が今回起業した会社形態は、
リミテッドパートナーシップという形態です。

これは、一人の無限責任を持つ人と有限責任を持つ人で、
最低2人から起業できる会社形態です。

雇用という形態ではなく、
簡単にいうと対等なビジネスパートナーという感じです。
スウェーデンでは雇用する事は非常に負担が大きいです。

税金も高いし、社会福祉も高いので、
経営者から見ると雇用には向いてない国だと思います。
というより、スウェーデンを含めそもそも雇用すらも無くて良い気がします。

事業をするにしても初めの方は大概一人で進める事が出来ます。
そして、必要な所は出来る人に任せる。

なので、常に雇用する必要は無いと思います。
今では、システムも進化して、一人もしくは少人数でも事業を展開する事は可能です。

そして、これからは今以上にシステムも発達し、
雇用される人も大きく減少します。

なので、今後は雇用を中心に働くという考えを捨て、
いかに自分の価値を提供出来るかを考えていくべきです。

今後AIなどの発達で、既存の職がなくなると言われますが、
その分、新しい職も多く生まれると思います。

しかし、流れに乗り、新しい価値を提供出来る人達は、
自分の価値の提供の仕方を知っている人達です。

その時代に雇用一択で、他力本願な考えでいると100%詰みます。
なので、これからはいかに個人で自分の価値をどう提供するか
根本的な考え方から変えていくべきだと思います。

→ビジネスサーチ留学inスウェーデン🇸🇪DAY88

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP