ワーキングホリデーで出来る仕事の種類は何ですか?

ワーホリでどんな仕事が出来るか分からない。
ワーホリで出来る仕事の種類が分からない。

このような仕事に関する疑問は多いと思います。
今回は、ワーホリで出来る仕事の種類について紹介します。

【ワーホリでの主な職業】

・レストランなどのウェイター

・掃除係(早朝や深夜)

・農業(ファーム)

・土産物屋店員(日本人が多い店)

・宿泊施設などの受付

・工場関係の作業員

・スーパーの店員

・旅行代理店

・家政婦・ベビーシッター

これらが主なワーホリでの職業になります。

他には、ワーホリ中に飲食店や店を開業した人や
学校の先生や会計士などの専門の職の人もいます。

ワーホリで職につけるかどうかは、すべて英語力にかかっています。
英語が出来る人は、日本語がほぼない環境で働くことができ、
給料も多いので、かなり稼げます。

しかし、英語ができない人は、肉体労働系の仕事や
日本人が多い環境で働くことになり、
結局英語が身に付かず終わる可能性があります。

なので、英語力に自信がない人は、
いきなり働くことはせずまずは語学学校に通うのが、一般的な方法です。

しかし、ここで思うことは、正直語学学校に行くことは、もったいないということです。

ワーホリでは働く事が認められている事を考えると、
語学学校で過ごす時間が、いらないと思います。

どうせ語学学校に行くならワーホリじゃなくても普通の語学留学で充分です。

この事を考えると、ワーホリに来ているのに、期間の半分を使って、
語学学校に行くのは、もったいないです。

それなら現地の生活や職場で英語を勉強して、
見についたら日本人の少ない環境で働くという方法がまだ良いと思います。

なので、ワーホリでは、語学学校に行って勉強するよりも、
現地の生活や職場の中で英語を勉強した方が、
勉強も仕事も両方出来て、良いと思います。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP