ワーキングホリデーで英語力は向上しますか?

ワーホリに行く多くの人が英語力を向上させたいと
思うと思います。

しかし、本当にワーホリに行けば英語力が上がるの?
と心配してしまう人もいますよね。

今回は、そんな心配をなくす為に、
ワーホリに行ったら英語力が確実に向上する方法を紹介します。

ワーホリで英語力が向上する人の特徴

まずは、ワーホリで英語力の向上に
成功した人について解説していきます。

英語力が向上する人は現地でたくさんの英語に接してます。
働く場所もなるべく日本人が少ない職場を選び、
普段から情報収集の為英語で話しかけています。

これらから分かるように英語力を向上させるには、
積極的に行動する事が非常に大事になってきます。

積極的に英語に触れることで、
実践的な英語が学べて知り合いも多くなり、
英語を話せるようになってきます。

英語力が向上しない人は、積極的に英語を話そうともせず
職場も日本人が多く英語に接する機会が少ないです。

ワーホリに行って現地で英語力を伸ばしたい人は、
積極的に英語を話していきましょう。

ワーホリ前に英語を勉強しておく

ワーホリに行って現地で英語を積極的に話す以外にも
大事な事があります。

それは、ワーホリ前に英語の勉強を始めることです。
実は、これがかなり大事な英語力向上の要素になります。

英語を勉強せずいきなり海外に行き、
英語を話そうとしても知識がないから英語が話せないはずです。

積極的に英語を使おうとしても、
英語で何言ってるか全く分からないや全く話せないでは、
コミュニケーションすら出来ません。

それでは、仕事も日本人が多くいる仕事になり
結局英語が話せないままワーホリが終わります。

そんな状況でワーホリに行ったところで、
絶対ワーホリ期間中に英語を話す事は出来ません。

多くの費用をかけてワーホリに行くのに
意味がないというのは、絶対に嫌ですよね。

なので、これからそのような事が起こらず
むしろ英語力が向上する方法を教えます。

それは、ワーホリに行くまでの期間に
たくさんの英語を聞いて話す事です。

ワーホリ前にその作業をすれば、
現地でも多少分からない英語があっても
英語を聞き慣れ、話し慣れているのでスムーズに英語力がつきます。

日本にいる間に英語に慣れておく事で、
現地のネイティブな発音に柔軟に対応出来て
すぐに英語力が向上します。

では次にワーホリ前にどのように英語を
勉強すれば良いか説明します。

1つ目は、海外の映画やドラマ、ニュースを聞く事です。

ここでは、英語に慣れる耳を鍛えます。
もちろん初めは、何を言ってるか分からないので聞くだけでいいです。

しかし、何回も聞いていると突然英語がはっきりと
聞けるようになります。そうなるとだいぶ耳が英語に慣れてきてるので
そのまま継続するとネイティブな発音も楽に聞けます。

この瞬間は体験しないと分からないので是非実践してみて下さい。

2つ目は、英単語や文法の学習です。
いくら英語が聞けても英単語や文法が分からないといけません。

基本は、中学、高校で習った英単語や文法なので、
それが理解できてる人は問題ありません。

中学、高校レベルの英単語や文法が理解出来れば、
現地での特殊な会話表現に慣れるだけなので、
英単語、文法で心配はいりません。

もし、心配な人は自分が使っていた参考書などを
読み返す方法もあります。

ここでは、中学、高校の内容の中で
英会話に必要な英文法を学べる参考書を紹介します。
これを読めば文法に関しては完璧です。

それが一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)です。

また、英単語についてもある程度は理解しておきたいです。
なので、英単語の参考書も紹介します。

英単語を中学生レベルから学びたい人は、
クラウン チャンクで英単語 Basicをオススメします。

英単語を中学生レベルから学べるので、
簡単な英単語からしっかり理解する事ができ土台が出来ます。
また、音声もあるので発音も確認する事が出来ます。

次に英単語を高校生レベルから学びたい人は、
クラウン チャンクで英単語 Standard
クラウン チャンクで英単語 Advanced
をオススメします。

このオススメする3冊は、同じシリーズのもので
レベル別に別れています。
自分が学びたいレベルを選び学習してみて下さい。

3つ目は、英語を話す事です。

英語を話し慣れておく事で、現地に行っても
自分の英語力の範囲で英語を話す事が出来ます。

この話す作業をする事で、英単語や文法、リスニングの
能力を最大限に高める事が可能になります。

なので、普段の生活から英語を発音する練習を行いましょう。
初めは、短い文や英単語でも大丈夫です。
慣れてきたら長文を読むことにも挑戦しましょう。

でもやはり、1番効率が良いのは相手と話して
コミュニケーションをとる事です。

しかし、普段の生活の中では、英語を話せる人と
会話をする事は非常に難しい事だと思います。

そこで英会話が学べるオススメのサービスを紹介します。

まずは、 スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)です。

このサービスは、現在利用者が増え続けている
スタディサプリのサービスになります。

このサービスでは、海外で使える英会話を学べる為、
ワーホリにも活かせる英会話を身に付ける事が出来ます。

そこでオススメするのが、月額2,980円で毎日英会話です
このサービスは、株式会社Glatsが提供しているサービスです。

このサービスは、自分が好きな時間に英会話を
中心とした学習が出来ます。

サービスは色々ありますが、ワーホリに行くにあたり
最適な学習が出来るサービスは、マンツーマンで
英会話を学習出来るサービスです。

相手の教師は、海外の人なので、現地での
コミュニケーションの練習になります。

また、自分1人ではなかなか難しい発音の練習も出来ます。
これで、現地で発音に困る事はありません。

以上がワーホリ前にやっておくべき英語勉強法です。
これを全てやれば、現地に行っても積極的に英語を話せるし
さらに深く英語を学ぶ事が出来るので、

他のワーホリに来た人達より充実したワーホリを
送る事が可能になります。

ここで気になるのが現地の語学学校についてです。

正直言うと語学学校で何ヶ月間か英語を学ぶよりも
仕事や普段の生活からの方がより実践的な英語を学ぶことが可能です。

語学学校に行っても授業を受けるだけだし、
そもそも周りにいるのは、自分と同じもしくはそれ以下の
英語力の人たちです。

そんな環境で英語を学んだところで大して英語力は向上しません。
それならもっと英語ばかりの環境で英語を使う方が
よっぽど英語力が向上します。

なので、語学学校には行く必要はありません。
それよりも普段の生活や職場で英語を学び
英語力を向上していきましょう。

  • 関連記事
  • おすすめ記事
PAGE TOP