ワーキングホリデーで資格を取得出来ますか?

ワーホリ期間中に資格を取得したい。
でも何の資格が取得出来るか分からない。
どのように取得するか方法が分からない。

このような疑問を持つ人は、多いと思います。
今回は、ワーホリ期間中に取得しやすい資格と
資格を取得する方法を解説します。

ワーホリで取得しやすい資格について

主に取得しやすい資格について紹介します。
それは、英語の資格取得についてです。

英語の資格は、種類がいくつか分かれているのでそれぞれ紹介します。

1つ目がケンブリッジ英検です。

ケンブリッジ英検とはイギリスで作られた英検です。
日本では知名度が低いですが、ヨーロッパを中心に
盛んに行われており世界中で英語力を証明出来る試験とされています。

ケンブリッジ英検を受けるメリットは、
海外の大学進学や海外企業の入社に有利になる事です。

海外の大学入試を有利に進めたい人や
海外企業の就職試験で英語力をアピールしたい
という人にオススメの資格になります。

2つ目は、IELTSです。

IELTSもケンブリッジ英検同様日本では知名度が低いですが、
英語圏の国では、有名な英語の資格になります。

主に現地で進学を希望する人、
永住権を取得したい人にオススメです。

IELTSは、永住権取得や進学、労働ビザ発給の際に基準となる資格です。

ただ注意点としては、IELTSの試験結果の有効期限は、
2年という事です。なので、進学や永住権獲得の際に使用する場合は、
2年以内の結果でないと意味がありません。

IELTSの結果を使う場合は、2年の期限が切れていないかを確認する様にして下さい。

3つ目は、TOEFLです。

TOEFLは、母国語を英語としない国の人が受ける資格です。
現在世界中に広まり、読む、聞く、書く、話すの4技能を測ります。

この資格は、英語圏の大学、大学院の入学試験の際に使うことが出来ます。
なので、海外の大学、大学院に進学したい人には必須の資格になります。

また、最近では、日本国内の大学入試にも
採用され始めているので、目指す人にとっては、重要な資格です。

4つ目はTOEICです。

TOEICは、世界共通の英語検定試験になります。
日本でもTOEICを採用している企業が多く、
就職採用試験において英語力を測る基準になります。

このTOEICは、実は3種類あります。
それぞれを説明していきます。

1、TOEIC bridgeテスト

このテストは、3種類のTOEICのテストで1番簡単なテストになります。
TOEICを受ける人の中で英語力が低い人たちが主に受けるテストになります。

TOEICのテストに慣れたい人にオススメのテストです。

2、TOEIC listening & readingテスト

この試験が多くの企業が採用しているTOEICのテストで、
一般的に言われるTOEICのテストの事です。

なので、就職や転職でTOEICのテスト結果を使いたい人は、このテストを受けて下さい。
テスト内容は、リスニングとリーディングです。

3、TOEIC SWテスト

TOEICの内容は、基本リスニングとリーディングですが、
このテストはスピーキングとライティングの能力も問われます。

このテストは、受験生が少ない為、
企業の就職試験などでは、採用されていません。

以上がTOEICのテストの解説です。
TOEICのテスト結果を就職試験で使いたい人は、
TOEIC listening & readingテストを受けて下さい。

資格試験の対策方法

次に資格試験対策について解説します。

資格試験を受ける多くの人が、
ワーホリ中、ワーホリ後に資格試験を受けると思います。
ワーホリを経験しているので、英語力も向上しているでしょう。

しかし、いくら英語力が向上しても試験に何の問題が出るかや
傾向を掴まずにテストを受けると良い結果は取れません。

でもどう対策すれば良いのか分からない、

そう思う人は多いと思います。
そこで今回は、資格試験の対策が出来る方法を教えます。

それは、資格対策専門のサービスを受ける事です。
そうする事で独学では気付けなかった事が分かり、
試験結果もより良い方向に進みます。

1つ目は業界初・オンライン特化型コーチ スタディサプリENGLISHです。
これは、現在も利用者が増え続けているスタディサプリのサービスです。

オンラインでTOEICなどの資格テストの対策をしてくれます。
人気も非常に高く、利用者も多い為オススメのサービスになります。

2つ目は、Universal Speakingです。

ケンブリッジ英検、IELTS、TOEFL、TOEICの対策を
オンラインで教えてくれます。

また、海外からでもオンラインで受けられるので、
ワーホリ中でも受けることが出来ます。
是非利用してみて下さい。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP