【温泉経営を成功させる為の】 温泉集客方法

温泉は、日本人観光客はもちろん、
外国人観光客からも高い人気があります。

しかし、以前に比べると、
観光客が減少している温泉地が増えてきています。

この減少傾向は、
バブル崩壊時から始まっており、
その頃から徐々に観光客が減っていました。

そして、最近では、新型コロナウイルスの影響で、
一気に観光客が減少してしまいました。

これらの事を受けて、温泉経営者は、
なんとか観光客や一般の客を集客して経営を立て直していきたい。
この様に考えていると思います。

そこで、今回は、温泉経営を成功させる為の
集客方法について解説していきます。

【他の温泉との違いを出す】

温泉に限らず、集客するためには、
他のライバルとの違いを出す事が重要です。

他の温泉と同じサービスや同じ様な
集客方法を行っていても、集客する事は難しいです。

しかし、他とは全く違ったサービスを提供出来る様になれば、
それだけで話題性が上がり、人気も出る様になります。

なので、他との違いを出していく事が重要になります。

これから、その他との違いの出し方について解説していきます。

【サービスごとにテーマを決める】

まず初めにするべき事は、
サービスごとにテーマを決めるという事です。

テーマを明確に決める事で、
ターゲット層を絞る事が出来ます。

ターゲット層を絞る事が出来る様になると、
そのターゲットを対象に集客を行えば良いので、効率がよくなります。

初めは、1つのサービスから、
他とは違うテーマにする事から初めていきましょう。

例えば、家族向けなのか、高齢者向けなのか、

この様な感じでまずは、テーマを明確にしましょう。

そして、初めの1つが成功すれば、
2つ目、3つ目とテーマを決めてサービスを増やして下さい。

そうすれば、他の温泉とは、
格段に違ったオリジナルの新しいサービスを提供出来る、
温泉にする事が出来ます。

そうする事で、話題性が上がり、当然集客も可能となります。

【恒例のイベントを作る】

集客を成功させるためには、
リピーターとなる顧客が必要になります。

そのリピーターを増やしていく為に、
1番効率が良いのが、恒例のイベントを作る事です。

恒例のイベントを作る事で、
毎回そのイベントの度に来てくれる客が出来るので、
結果としてリピーターを増やす事が出来ます。

イベントの内容として、ここでも当然、
他の温泉が行っていないイベントをしましょう。

他には無い新しいイベントを行う事で、
話題性が上がり集客力をupさせる事が出来ます。

【宣伝方法について】

これまでは、温泉の施設内のサービスについて
解説してきましたが、

施設内のサービスを充実させるだけでは、
集客を成功させる事は出来ません。

集客を成功させるには、
温泉の情報をターゲットである客に対して、宣伝する事が重要です。

これからその方法について解説していきます。

【ホームページについて】

集客の基本のベースとして、
現在でも最も重要なのが、ホームページです。

ホームページがしっかりと作り込まれていると、
顧客も信頼する事が出来て、安心出来ます。

顧客から信頼を得るためにも、
ホームページ作成はしっかりと行っていきましょう。

これから実際にホームページに、
何を記載すれば良いかについて解説していきます。

・温泉施設の基本情報

まずは、この情報を詳しく記載しましょう。

例えば、
料金、温泉までのアクセス方法(行き方)、イベント情報など、

それぞれの温泉施設によって
記載する情報の内容は、異なると思いますが、
とにかく詳しく記載しましょう。

「詳しく」の目安としては、
客に温泉施設の情報の質問をされないレベルです。

つまり、ホームページの情報を見てもらえれば、
その温泉施設について全て把握出来るというレベルです。

そこまで徹底する事で、
客からの安心感、信頼感を得る事が出来るので、
集客を効率よく行える様になっていきます。

・口コミを掲載する

ホームページに掲載する内容としては、
利用者の口コミも記載する様にしましょう。

ホームページに温泉施設の情報を詳しく記載する事は重要ですが、
それと同じくらいに利用者の口コミを記載する事も重要です。

温泉利用者となる客は、温泉施設側の情報はもちろん参考にします。
しかし、それだけでは、本当に良い所かを判断出来ない客もいます。

そこで、活用出来るのが、過去に温泉施設を利用した客の口コミです。

その口コミを見て、
「ここは良い所そうだなあ」や「行ってみたい」などと、
感じる事が多くあります。

また、当事者からの情報よりも第三者からの情報の方が
信頼性・信憑性が増すという、ウィンザー効果があります。

このウィンザー効果の様に心理学からも、
口コミの重要性を理解する事が出来ると思います。

これらの理由からも、必ず利用者の口コミを活用していきましょう。

・多言語対応にする

これは、今の時代に必要になる手段です。

現在、旅行者は、日本人だけでなく、海外からも多く来ます。
当然、扱う言語が違うため相応の対応を取るべきです。
温泉施設内の案内も多言語対応にする事も必要になります。

そして、ホームページも多言語対応にする必要があります。
海外から来る観光客があなたの温泉に行きたい場合、
まず、ホームページを確認します。

その時、ホームページが多言語対応出来ていなかったら、
言語が分からない為、来てくれるはずだった観光客も来なくなってしまいます。
それを防ぐ為にも多言語対応を行いましょう。

【SNSについて】

集客において、SNSの活用は必須です。

SNSは、現在利用者が急激に伸びているツールになります。
利用する人が多いので、当然宣伝にも活用出来ます。

ここでは、SNSを活用した集客方法について解説していきます。

SNSで活用するツールとしては、
インスタグラムとツイッターを活用していきましょう。

この二つのSNSは、特に利用者が多く、
集客に非常に適しているSNSになります。

これからぞれぞれ解説していきます。

・インスタグラムの活用方法

インスタグラムは、写真や動画をメインとした投稿が多いです。

なので、インスタグラムでは、
主に温泉施設内の紹介を兼ねた写真や動画、
客の様子などを投稿していきましょう。

他にも、その温泉施設だけの料理や施設など、
他との違いがはっきりしているものを中心に投稿していきましょう。

また、インスタ映えする様な写真や動画を投稿する事で、
それを目的に温泉に来るユーザーが出来ます。

そうすれば、客になるターゲット層を増やす事が出来る為、
さらに集客を効率よく行う事が可能になります。

・ツイッターの活用方法

ツイッターは、インスタグラムの様な
写真、動画メインの投稿よりも最新の情報を投稿していきましょう。

もちろん、ツイッターでも写真、動画の投稿を行いますが、
写真、動画投稿を見たいユーザーはインスタグラムを活用する事が多いので、
メイン投稿をするのは、インスタグラムという事です。

ツイッターの特徴は、拡散力が強いという事です。
ツイッターには、リツイートという機能があります。

あなたのフォロワーがあなたの投稿にリツイートする事で、
リツイートしたユーザーのフォロワーにも通知がいきます。

その為、あなたに関わりが無かったユーザーにも、
あなたの投稿を見てもらう事が出来ます。

この様にツイッターは、拡散力が非常に強いSNSなので、
ツイッターでは、最新情報をメインに投稿して下さい。

最新情報を投稿していく事で、
この温泉施設は、他とは違う新しい事をしているや、
面白そうなイベントをしているなど、

最新情報で話題性を高める事が出来ます。
そうすれば、集客にも繋げる事が出来ます。

【まとめ】

以上が温泉集客方法の解説になります。

他との違いを出す事で、話題性を生み、
それをさらにホームページやSNSで宣伝する事で、
集客をより効率よく行う事が出来ます。

今回の解説を参考にして、
温泉集客を行ってみて下さい。

これからもビジネスについてや集客についてなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP