【観光客が行きたくなる】SNSを活用した観光地集客方法

現在は、海外の観光客が日本に
観光に訪れる人数が年々増加していっています。

しかし、最近では、新型コロナウイルス騒動の影響により、
海外からの渡航が規制されていますが、

規制解除後は、観光客が増加して、
観光業は、再び復活します。

しかし、観光地の集客の仕方が分からない、
もっと集客出来る様にしたい、
この様な悩みを抱える人は多いと思います。

そこで、今回は、より多くの観光客を集客するための
SNSを活用した観光地の集客方法について解説していきます。

【SNSを活用する】

観光においても当然SNSは、活用していきます。

また、観光客は観光地を探す時、
多くがSNSを活用して探しています。
なので、SNSは必ず活用しましょう。

SNSでは、主にインスタグラム、ツイッターを活用します。
これからそれぞれ解説していきます。

【インスタグラム集客】

インスタグラムは、世界中で利用されているSNSの一つです。
当然、利用者数も多いので、しっかりと活用出来ます。
これから具体的にインスタグラム集客について解説します。

【ハッシュタグ、位置情報を活用】

観光客がインスタグラムを利用して、観光地を調べる時は、
多くの観光客がハッシュタグや位置情報を検索して調べます。

ハッシュタグを活用する事で、
ユーザーの検索結果に表示される様になる為、
ユーザーに投稿を見てもらう事が可能となります。

また、ハッシュタグを活用すると、
自分の投稿を拡散する事にも繋がるので、
観光地を探すユーザーに見てもらいやすくなります。

また、位置情報を活用する事で、
ユーザーが場所を検索した時に検索結果としてヒットするし、
投稿を見たユーザーを勧めたい観光地へ誘導する事も可能となります。

この様にハッシュタグ、位置情報を活用する事で、
様々な効果があるので、必ず活用して下さい。

【UGCを活用する】

UGCとは、一般ユーザーによって作られたコンテンツです。
企業によって作られたコンテンツではなく、ユーザーが作ったコンテンツになります。
つまり、ユーザーの投稿を活用して、SNS戦略を行うというものです。

集客を行う事業者側の投稿だけでは、
投稿数に限界があり、多くの投稿をするにはかなり厳しいです。
なので、ユーザーの投稿を活用します。

それは、ユーザーが観光地の投稿を上げる時、
その投稿にハッシュタグをつけてもらうという事です。

そうすれば、ユーザーの投稿がユーザーに伝わるという形になり、
ユーザー同士で情報を広め合うことになり、
事業者側は何もせずに情報を拡散する事が出来ます。

UGCを活用出来れば、
さらにユーザーに情報を拡散出来るので、
多くのユーザーを集客をする事が可能となります。

【ツイッター集客】

ツイッターを活用して観光客を集客する理由は、
拡散力が非常に強いからです。

インスタや他のSNSに比べると、
ツイッターには、リツイート機能があります。

ツイッターのリツイート機能により、
あなたが投稿した情報が他のユーザーにリツイートされると、
その投稿は、不特定のユーザーにも伝わります。

そうすれば、自分では、伝えられなかったユーザーにも
投稿を伝える事が可能になります。

これだけの拡散力があれば、
それだけ、多くの観光客に告知出来る為、
集客出来る確率も大幅に上がります。

また、ツイッターの投稿は、リアルタイムの投稿が多く、
ユーザーは、長々とした文章はあまり読みません。

なので、文章は、簡潔にまとめて、
他のSNSやホームページにユーザーを
誘導出来る様な文章にしましょう。

【まとめ】

以上がSNSを活用した観光地の集客方法の解説になります。
集客を行う上で、現在1番活用出来るツールは、SNSです。

今回解説したインスタグラムやツイッターの
SNS集客の方法を参考にして、
観光客の集客を行なってみて下さい。

これからもビジネスについてや集客についてなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP