ワーキングホリデーの費用はどれくらいですか?

ワーホリの費用はどのくらいなのか?
これは誰もが1番気になる事だと思います。

今回は、ワーホリに必要な費用の基準を解説します。
これをもとに費用の計画を立てましょう。

ワーホリにおいて、どの国に渡航するにしても、
最低100万円から200万円は用意出来れば、安心です。
国によっては、航空券やビザ申請料などの料金が変わってきます。

なのでここからは、
英語圏で、しかも人気が特に高い国の
ワーホリ1年間の費用の目安を紹介します。

【オーストラリア】

資金の目安費用
航空券(1年有効航空券)約10万円
海外旅行保険(1年分)約20万円
ワーホリビザ申請料約4万円
語学学校の学費(3ヶ月分)約41万円
滞在費(学生寮とシェアハウス)約70万円
生活費(食事代、交通費など)約50万
パスポート10年用(必要な人)約1万6千円
アルバイト代(1日6時間で9ヶ月)約90万円
合計(資金ーアルバイト代)約107万円

ニュージーランド

資金の目安費用
航空券(1年有効航空券)約10万円
海外旅行保険(1年分)約20万円
ワーホリビザ申請料約0円
語学学校の学費(3ヶ月分)約41万円
滞在費(学生寮とシェアハウス)約70万円
生活費(食事代、交通費など)約50万
パスポート10年用(必要な人)約1万6千円
アルバイト代(1日6時間で9ヶ月)約70万円
合計(資金ーアルバイト代)約130万円

カナダ

資金の目安費用
航空券(1年有効航空券)約10万円
海外旅行保険(1年分)約25万円
ワーホリビザ申請料約2万円
語学学校の学費(3ヶ月分)約37万円
滞在費(学生寮とシェアハウス)約70万円
生活費(食事代、交通費など)約50万
パスポート10年用(必要な人)約1万6千円
アルバイト代(1日6時間で9ヶ月)約80万円
合計(資金ーアルバイト代)約115万円

イギリス

資金の目安費用
航空券(1年有効航空券)約10万円
海外旅行保険(1年分)約25万円
ワーホリビザ申請料約4万円
語学学校の学費(3ヶ月分)約60万円
滞在費(学生寮とシェアハウス)約90万円
生活費(食事代、交通費など)約50万
パスポート10年用(必要な人)約1万6千円
アルバイト代(1日6時間で9ヶ月)約90万円
合計(資金ーアルバイト代)約140万円

これらが、国ごとの各項目での費用の目安です。
航空券やビザ申請料は国によって違うので、
申請時にしっかりと確認して下さい。

これまで、費用の目安を紹介しましたが、
これはあくまでワーホリ参加者の平均的な費用の目安です。

だからワーホリ参加者によって、費用は違います。
例えば、語学学校に行かない人やパスポートを既に持っている人など。

また、オーストラリアなど期間を延長出来る国に、
渡航した人は、もっと多くの費用がかかります。

また、滞在費、生活費などは、
現地で稼いだお金でまかなえる人は、
日本から持ってくる費用は少なくて良いと思います。

僕の場合は、サイトでの収入をメインに、
ワーホリの生活費として利用していきます。

なので、ワーホリでの海外の仕事は、
収入メインでは考えずに、語学力がつきやすい職場や
新規ビジネスを見つけやすい環境の職場を選んでいきます。

このように海外での仕事以外で収入を得る事で、
費用の心配がないので、その分自分のワーホリでの目的に集中する事が出来ます。

現地で費用を気にせずに自分のプランに
集中したい人は、こういう方法もオススメです。

ワーホリ生活で費用不足で困ったり、
お金に追われるような生活をしてしまうと
自分のやりたい事が出来なくなり、ワーホリの意味がありません。

より意味のあるワーホリにするために、
費用面はしっかりと計算して準備をしましょう。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP