【車で定額制サービスが出来る】サブスクリプションのビジネスモデル

最近、話題となっているビジネスモデルである
サブスクリプションは、色々な分野で活用出来ます。

また、サブスクリプションのビジネスモデルは、
これまでのビジネスモデルよりも画期的で
急速に人気が高まっています。

今回解説していくのは、車でも出来る、
サブスクリプションのビジネスモデルです。

車でと聞いてもピンと来てない人も
多いと思います。

実は、車でもしっかりサブスクリプションが出来るので、
これから解説していきます。

【車でのサブスクリプションが出来た理由】

まずは、車でサブスクリプションのビジネスが、
出来た理由について解説していきます。

現在、自動車の保有台数は、減少しています。
それは、車が昔に比べ売れなくなったからです。

理由は、様々あると思います。
しかし、1番の理由は、車の値段の高さです。

節約思考になっている現代において、
車での出費がもったいないと考える人が増えています。

また、昔に比べて、公共交通機関も発達してきて、
わざわざ自分の車で移動する必要は、無くなってきました。

つまり、これからの時代は、昔の様に
車が売れていく時代ではないという事です。

これらの理由から
現在では車のサブスクリプションのビジネスモデルが
流行り出している事になります。

次に実際にどの様なサブスクリプションが
行われているのかについて解説していきます。

【タイムズカーシェア】

タイムズカーシェアとは、
予約をすれば、全国にあるステーションにおいてある、
自動車を24時間、365日いつでも利用出来るサービスです。

料金は、15分単位で発生して、
ガソリン代などの維持費は全て利用料に含まれます。

車種も豊富に揃えてあり、
用途に合わせ選ぶ事が出来ます。

実は、これに似たサービスは以前からありましたが、
どのサービスも成功はしていませんでした。

理由としては、利用したくても
自動車置き場が遠かったり、
料金が高いなどの問題が起きていたからです。

しかし、タイムズカーシェアは、
場所と料金を工夫する事で、利用者の不満を解決して、
高い人気を持つ事に成功しました。

わざわざ自分の車を購入まではしたくないが、
必要な時に利用したいというneedsを活用する事で、
利用者を増やして、シェアを伸ばしていきました。

【KINTO】

KINTOというサービスは、
トヨタがサブスクリプションサービスとして、提供しているものです。

KINTOは、月々定額の支払いで
Web上で一括契約が可能なので手間をかける事なく、
サービスを利用する事が出来ます。

また、2020年から従来の車種に加えて、
新たに約30種拡大された為、
用途に合わせて乗る事が可能です。

また、トヨタが行っているサブスクリプションサービスなので、
その注目度は、かなり高いです。

【まとめ】

この様に利用者がどんなneedsを抱えているのかを
考えてサービスを提供する事で、
サブスクリプションは、成功していきます。

利用者のneedsを考えつつ、
サブスクリプションのサービスを
提供していきましょう。

これからもビジネス、集客、コピーライティングなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP