【動画配信サービスによる】サブスクリプションのビジネスモデル

最近、話題となっているビジネスモデルである
サブスクリプションは、色々な分野で活用出来ます。

また、サブスクリプションのビジネスモデルは、
これまでのビジネスモデルよりも画期的で
急速に人気が高まっています。

これからサブスクリプションを活用したビジネスをしたいけど、
よく分からずに悩んでいるという人も多いと思います。

そこで今回は、動画配信サービスの分野から
サブスクリプションモデルについて解説します。

【定額動画配信サービスについて】

定額動画配信サービスは、日本でも高い人気を誇り、
急速に会員数が増えていっています。

従来では、テレビが一般的でした。
しかし、多様化する生活様式に合わせ動画配信サービスも
サブスクリプション化しました。

また、サブスクリプション化した動画配信サービスは、
しっかりとユーザーのneedsを満たせています。

例えば、テレビは、放送時間の縛りや
地域ごとに視聴出来る番組が限られていました。

しかし、この動画配信サービスは、
24時間365日どこでも好きな場所で、しかもテレビでなくとも
スマホやタブレットで視聴する事が出来ます。

なので、動画配信サービスは、
サブスクリプションとして成功して、
会員数を増やしているという事です。

これから、実際に定額動画配信サービスを行っている
サービスを紹介して、解説していきます。

【Hulu】

Huluは、テレビ局や映画会社が出資して設立したものなので、
アニメ、ドラマ、バラエティを中心としたコンテンツを多く配信しています。

また、日本テレビが資本に入っている為、
日本のドラマやバラエティも多く、見逃し配信などのサービスもついています。

Hulu限定配信をしている番組もある為、
限定配信目当てに会員になる人も多くいます。

他にも、テレビ局との連携が取れているので、
新作の映画も公開終了から配信するまでの期間が早い為、
視聴出来るレスポンスの速さも人気の一つです。

この様にHuluは、ユーザーのneedsにしっかりと応える事で、
人気を高め、会員を増やしています。

【Netflix】

Netflixは、世界で約1億人以上の会員がいる
トップクラスの人気を誇る動画配信サービスです。

Netflixは、起業当初は、定額制で
DVDのレンタルサービスを行っていました。

しかし、その10年後Netflixは、
ストリーミング配信を始め今の様に至ります。

従来は、膨大な動画データをパソコンに
すべてダウンロードしてから再生していたので、
視聴出来るまでに時間がかかりましたが、

ストリーミング配信を活用する事で、ダウンロードしながら
再生出来る為、ほとんど待ち時間なく視聴出来る様になりました。

しかし、欠点としては、
無料体験期間がないという事と、

プランごとによって、
画質の良し悪しがあるという事です。

それでも、Netflixは、20年も前から定額制のビジネスを行っていました。
その頃からユーザーの価値基準が変わることを見越して、
サービスを提供していたことは本当に凄いです。

【まとめ】

以上が動画配信サービスでの
サブスクリプションモデルについての解説になります。

動画配信サービスは、とにかくユーザーのneedsを満たすことで、
価値を提供して、人気を高め、会員を増やしています。

サブスクリプションで大事なのは、
いかにユーザーと長期間の契約を結べるかです。

このことを理解して、
サブスクリプションビジネスを行いましょう。

これからもビジネス、集客、コピーライティングなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP