【飲食店で活用出来る】サブスクリプションのビジネスモデル

最近、注目されているビジネスである、
サブスクリプションですが、
最近では、飲食店でもサブスクリプションが活用されています。

この様にサブスクリプションは様々な分野で、
活用する事が出来るモデルです。

サブスクリプションのビジネスが理解出来ていないや
どの様なモデルがあるか分からない人も多いと思います。

そこで今回は、
飲食店でのサブスクリプションビジネスについて解説します。

【飲食店のサブスクリプションについて】

飲食店でのサブスクリプションモデルは、
基本的に店側が定めた定額料金を客が支払うことで、
期間内に自由に飲食出来るというモデルです。

また、飲食系は、その店ごとに値段を変えられるので、
元がとりやすい分野です。

この様に飲食店では、
サブスクリプションが行いやすい環境にあります。

これから、実際にサブスクリプションを活用している
飲食店について紹介し、解説していきます。

【サーティーワンのサブスクについて】

サーティワンのアイスでの
サブスクリプションについて解説します。

サーティワンでは、2020年7月から
サブスクリプションのサービスを開始しました。

サービス内容としては、
月額5980円を支払う代わりに、
毎日1個シングルのアイスを食べれるというサービスです。

毎日利用出来れば、6000円お得という計算になり、
また、2日に1回行けば、元が取れるサービスになっています。

このサービスのターゲットは、サーティワンのアイスが好きで
毎日でも食べれるという人向けです。

これからも分かる様にサーティワンは、
濃いフォロワーをターゲットにしています。

濃いフォロワー向けにサービスを作る事で、
会員として長期間契約を結ぶ事が出来ます。

そうすれば、サブスクリプションとして、
安定的な収益を生み出す事が可能となり、成功します。

【オールウェイズランチのサブスクについて】

オールウェイズランチの
サブスクリプションについて解説します。

オールウェイズランチのサービスは、
月額7980円(税別)を支払うと、
毎日ランチを食べられるというサービスです。

オールウェイズランチが契約している店全てで、
利用が可能なので、毎日違うランチを楽しむ事が出来ます。

しかし、利用出来る範囲が、
東京、大阪、福岡など都市部が中心なので、
それ以外では利用できません。

オールウェイズランチのサービスは、
地域が制限されてはいますが、

会員にならずに平日毎日ランチを食べるよりは、
費用を抑える事が出来ます。

【Uber Eatsのサブスクについて】

Uber Eatsは、2016年からサービスを開始して、
フードデリバリーとして、一気に人気を集めました。

Uber eatsは、新たにサブスクリプションとして、
「Eats パス」を始めました。

これまでは、商品の料金とは別に、配送料がかかっていました。
Eats パスを利用すると月額980円で月額料金以外の配送量は、無料になります。

なので、Eats パスに入会すると、
これまでは高かった配送料を抑えて、注文する事が出来ます。

また、Uber Eatsは、多くの店舗と契約している為、
さらに利用しやすいサービスになります。

【まとめ】

以上が飲食店でのサブスクリプションの解説でした。

濃いユーザーをターゲットとして入会を促したり、
ユーザーのneedsに応える事で、入会を促したりと、

飲食店のサブスクリプションは、
色々と工夫されています。

これらのサブスクリプションモデルを活用して、
自分のサブスクリプションモデルを立ち上げていきましょう。

これからもビジネス、集客、コピーライティングなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP