サブスクリプションの頒布会モデルとはどの様なモデルですか?

サブスクリプションとは端的に言えば、定期購入、会員制など、
消費者が製品やサービスを定期的に購入するビジネスモデルの事です。
今では、様々な企業がサブスクリプションを取り入れています。

そんな中、自分もサブスクリプションを立ち上げたいと
思う人も多いと思います。

その為には、まず既存の
サブスクリプションモデルについて知る必要があります。

既存のサブスクリプションモデルを知って、
それから自分のオリジナルのモデルを作りましょう。

今回は、サブスクリプションモデルの
頒布会モデルについて解説していきます。

【頒布会モデル】

頒布会モデルは、事業者側があらかじめコースを設定して、
毎月定額で支払いを行っている利用者に対して、
毎回違う商品を販売するビジネスモデルです。

従来は、食品や雑貨、料理本などのセット商品を、
毎月少しずつ買える通信販売の方法でした。

しかし、最近では、食材や果物など、
多くの種類から商品を選ぶというサービスとして、深く浸透していきました。

頒布会モデルというサブスクリプションモデルは、
顧客の「どれを選ぶべきか分からない」というニーズを
満たすためのサービスです。

このニーズが生まれたのは、
顧客が選んで良い商品、サービスが多すぎるからです。

これでは、顧客が困ってしまい、
結局購入まで至らないという事が起こってしまいます。

だから頒布会モデルを活用して、
企業側があらかじめコースを決めて、
顧客が選ぶ選択肢を分かりやすくする事で、

顧客が「どれを選ぶべきか分からない」という
ニーズに対応出来る様になります。

【まとめ】

頒布会モデルは、毎回異なる商品を販売するため、
同じ商品を提供する定期購入モデルよりは、複雑なモデルです。

しかし、頒布会モデルは、毎回違う商品を提供する事で、
在庫管理がしやすくなり、高い利益を出す事が出来るモデルです。

主に商品を提供する事業を行っており、
サブスクリプションを行いたい人は、
頒布会モデルを参考にしてみてください。

これからもビジネス、集客、コピーライティングなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP