サブスクリプションは、どの様な収益の仕組みを持つビジネスですか?

最近、Amazonプライム、Huluなどのサービスが人気を集めています。

これらは、全てサブスクリプションという
ビジネスモデルから生まれたサービスです。

サブスクリプションは、Amazonプライムなどの他にも
家電、家具や音楽や飲食店や乗り物など、

他にも様々な分野で活用されているビジネスモデルです。

では、サブスクリプションというビジネスは、
どの様な収益の仕組みを持つビジネスモデルなのか?

これを理解する事で、
サブスクリプションの人気が高くなる理由を理解出来ます。

なので今回は、サブスクリプションとは何か?
そして、その収益の仕組みについて解説していきます。

【サブスクリプションとは?】

サブスクリプションとは、定期購入や会員制など
消費者が製品やサービスを定期的に購入するビジネスモデルです。

つまり、サブスクリプションは、
定期的に消費者が商品、サービスを購入する事で、

一回の購入以降消費者との関係は持たないという、
従来のモデルから大きく変化したモデルになります。

従来のモデルだと、一回の購入で消費者との関係が終わるため、
安定した顧客の集客を行う事が出来ていませんでした。

しかし、サブスクリプションを活用する事で、
購入方法が定期購入に変化したので、

毎回安定した顧客を相手に
商品、サービスを提供する事が出来る様になりました。

これがサブスクリプションモデルです。

次に、サブスクリプションは、
どの様な収益の仕組みを持つビジネスモデルなのか?
について解説していきます。

【収益の仕組みについて】

これからサブスクリプションの収益の仕組みについて解説します。

従来のモデルでは、消費者が料金を支払うのは、
商品、サービスの買い取りに対してでした。

これらに対して料金を支払う事で、
消費者は商品、サービスを永続的に使用出来る様になり、
その料金を企業が収益としていました。

しかし、サブスクリプションでは、消費者が料金を払うのは、
商品、サービスの所有権に対してです。

消費者は、サブスクリプションを使用する時、
商品、サービスを所有出来る代わりに、
月額定額で料金を払うという契約企業と結びます。

つまり、この契約期間中は、
消費者が商品、サービスの所有権を持てるという事です。

この様にサブスクリプションでは、商品、サービスの
所有権を企業側が提供しているという形です。

なので、企業側は、所有権を月額定期購入として提供する事で、
月額の料金を収益としています。

また、消費者の契約数が増えれば増えるほどに
収益を上げる事が可能になります。

これが、サブスクリプションの
収益の仕組みになります。

【消費の変化について】

これまでの解説からも分かる様に、
消費が以前と比べて、買い取りなどのモノの所有から、
所有権を購入する価値の利用へと変化しています。

例えば、Amazonプライムのサービスです。

これまでは、見たい映画やドラマなどがあれば、
DVDを購入して見ていました。

しかし、Amazonプライムでは、
DVDを購入する必要はなく、

契約をすれば、DVDがなくても、
映画などが見れる様になりました。

他にも家具を購入するのではなく、
月額定額でレンタルするなど、

価値を利用するという
スタイルに変化してきました。

なので、これからの時代は、
「モノを所有する」から「価値を利用する」ために
お金を払うというモデルに変化していきます。

この流れに乗るためにも、
自分が持つ価値をどの様に提供するれば良いのか、
もう一度考え直す必要があります。

【まとめ】

以上がサブスクリプションの収益の仕組みについての解説になります。

ビジネスモデルや消費者の消費の変化など、
これからさらに変化していきます。

その例として多く取り上げられるのが、
サブスクリプションビジネスです。

変化の流れに乗っていくためにも
今回解説したことを参考にして、
ビジネスについてたくさん学んでいきましょう。

これからもビジネスについてや集客についてなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP