サブスクリプションのレコメンドモデルとはどの様なモデルですか?

サブスクリプションとは端的に言えば、定期購入、会員制など、
消費者が製品やサービスを定期的に購入するビジネスモデルの事です。
今では、様々な企業がサブスクリプションを取り入れています。

そんな中、自分もサブスクリプションを立ち上げたいと
思う人も多いと思います。

その為には、まず既存の
サブスクリプションモデルについて知る必要があります。

既存のサブスクリプションモデルを知って、
それから自分のオリジナルのモデルを作りましょう。

今回は、サブスクリプションモデルの
レコメンドモデルについて解説していきます。

【レコメンドモデル】

レコメンドモデルとは、それぞれの利用者のneedsに合わせて、
専門家が提案、提供するビジネスモデルです。

従来では、利用者のneedsに対して、専門家が1から調べて、
商品、サービスを提供するという仕組みで、
時間もかかり、相手に出来る利用者数も限界がありました。

しかし、最近では、インターネットなどで技術が進化したので、
利用者の購買履歴などの行動データをもとにして、

利用者のneedsを解析出来る様になった事で、
従来よりも多くの利用者のデータを集める事が出来る様になりました。

つまり、インターネットなどのテクノロジーの発展により、
より精度の高いレコメンドモデルが出来たという事です。

これから実際にレコメンドモデルを用いた
サービスを解説していきます。

【STITCH FIX】

STITCH FIXは、アメリカでファッションの
サブスクリプションを始めた店です。

従来での服のレンタル料は、
とても高額な値段がする服ばかりでした。

しかし、STITCH FIXは、レンタル料を大幅に値下げして、
流行の服をレンタル出来るサービスを始めました。

また、同時に利用者のサイズや好みに合わせて、
AIや専門家が提案してくれるという、レコメンドモデルも始めました。

服を選ぶのが大変という利用者のneedsに応える事で、
一気に人気を集めました。

【FiNC】

FiNCは、体重や睡眠時間など利用者の生体情報を
AIによりデータ解析をして、
利用者にアドバイスをするアプリのサービスです。

月額で料金を払うと直接専門家からアドバイスがもらえて、
専用のジムなどの施設を使用する事が出来ます。

この様にオンラインとオフラインの両方で
レコメンドモデルを活用する事で、
利用者との長期契約を達成する事が可能になります。

【まとめ】

以上がサブスクリプションのレコメンドモデルの解説です。

サブスクリプションビジネスで1番大事な点は、
会員となる利用者との契約を長期間続けさせる事です。

なので、サブスクリプションビジネスを行う人は、
レコメンドモデルを活用することをお勧めします。

これからもビジネス、集客、コピーライティングなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP