【買わずにレンタル?】家電のサブスクリプションビジネスモデル

多くの人が普段の生活の中で、
掃除機などの家電製品は、必要な存在だと思います。

しかし、どの家電も高額な物ばかりで、
困っている人も多いと思います。

しかし、サブスクリプションを取り入れる事で、
その問題も解決する事が出来ます。

これからその仕組みと実際にサブスクリプションを
行なっているサービスについて解説していきます。

家電のサブスクリプションについて

家電に関しては、様々な問題があります。

例えば、家電を買ったのに、
使い勝手が悪く、新しい家電を買わないといけなくなった。

最新モデルが出たから購入したいけど、金額が高いから買えない。
故障したから金額は高いけど、買わないといけなくなった。など、
様々な問題を抱えています。

この様な問題があるので、
客側も購入をためらってしまうし、店側も購入されないから困ります。
これでは、どちらも損をしています。

しかし、その問題を解決出来るのが、サブスクリプションです。

サブスクリプションを活用する事で、
客側と店側の両方の問題を解決する事が出来ます。

次では、サブスクリプションを活用する事で、
得られる利益を客側と店側に分けて解説します。

【サブスクでの客側の利益】

サブスクリプションを活用する事で、
得られる客側の利益について解説します。

まず、サブスクリプション化した事で、
支払う料金が大幅に減ります。

例えば、1つ6万円の掃除機があります。
従来は、6万円払う事で、掃除機を使用出来る仕組みでした。

それが、サブスクリプションを取り入れる事で、
月額2500円を支払うだけで、レンタルという形で、
使用出来る様になります。

また、月額支払う事で、
違う掃除機も試しに使用出来る様になります。

つまり、会員となり、月額料金を支払う事で、
契約期間中は、低価格で様々な商品を
レンタルとして、使用出来る様になるという事です。

【サブスクでの店側の利益】

サブスクリプションの客側の利益を見ると、
店側は、損をしている様に思う人もいると思います。
しかし、当然店側にも利益はあります。

店側の利益としては、
まず自社商品を広く認知してもらえるという事です。

商品を多くの人に利用してもらう事で、
商品を宣伝する事が出来ます。

また、サブスクリプションサービスがお得という情報が、
広まれば、会員を増やす事が出来て、
顧客を獲得する事と売上アップに繋がります。

サービス当初は、赤字かもしれませんが、
商品とサブスクサービスが認知され広まれば、
会員が増えて、大きな収益に結びつく様になります。

【家電サブスクサービスの実例】

これから実際にサブスクリプションを行っている
企業のサービスについて解説していきます。

【Dyson Technology +】

このサブスクリプションサービスは、
掃除機で有名なダイソンが行っているサービスです。

ダイソンの家電商品は、どれも人気が高い為高額になっています。
なので、なかなか購入出来ない人も多いと思います。

しかし、Dyson Technology +では、
サブスクリプションのおかげで、低価格で使用する事が出来ます。
これから、具体的なサービス内容について解説します。

Dyson Technology +のサービスでは、
ユーザーが利用出来る商品が指定されていますが、
基本的には、新しい商品や人気の商品が多いです。

Dyson Technology +対象の商品には、
それぞれに2年または3年と利用期間が定められており、
月額は、1000円から2500円かかります。

また、Dyson Technology +では、常に新しい商品を使用出来ます。
その方法を説明します。

それは、サービス期間中に契約を更新する事で、
今まで利用していた商品を返却する代わりに
新しい商品と交換するという事です。

これをする事で、自分が使いたい商品が出た時に
自由に商品を使用する事が出来ます。
その他にも無料サポートや修理やメンテンナンスが出来ます。

また、解約したいときは、
3000円支払わなければいけませんが、
いつでも解約する事が出来ます。

以上がDyson Technology +の説明です。

【パナソニックのサブスク】

パナソニックのサービスは、
5年プランで月々4700円支払う事で、
テレビが手に入るというサービスです。

3年、5年ごとに最新のテレビと交換もできる為、
新しいのが出るから買おうか迷うという悩みがなくなります。

また、月々払っていけば良いので、
購入時のまとまったお金は不要になります。
他にも契約中は、修理が無料というサービスもあります。

以上がパナソニックのサブスクリプションの
サービス解説になります。

【まとめ】

以上が家電のサブスクリプションビジネスモデルの解説になります。

サブスクリプションは、ユーザーのneedsに応え、
契約期間を長くする事で、安定した収益を上げる事が出来ます。

ユーザーが何に困っているのか?
何を欲しているのか?

これらを軸に考えていく事で、
サブスクリプションは成功していきます。

これからもビジネス、集客、コピーライティングなど情報提供していきます。

現在進めているビジネスサーチ留学は、
海外渡航での経験をもとに新しいビジネスを探し、立ち上げる制度です。

なのでこのサイトでは、
海外でビジネスを立ち上げる際に必要になる戦略やアイデアなど
ビジネスを立ち上げる上で必要な情報について解説します。

ビジネスサーチ留学の
LINE公式アカウント追加はこちら

追加はこちら
  • 関連記事
PAGE TOP